穴馬で稼ぐ競馬予想ブログ~あぽろんワイド劇場

年間的中率が10%未満でも回収率が100%以上になる予想をお届けしています

 
Top Page > スポンサー広告 > 京成杯AHの信頼の人気馬信頼の人気馬 > 京成杯AHの信頼の人気馬

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯AHの信頼の人気馬


Edit Category 信頼の人気馬

2014/09/08 22:42

にほんブログ村 トラコミュ 重賞レース回顧へ
重賞レース回顧

にほんブログ村 トラコミュ 京成杯オータムハンデ2014へ
京成杯オータムハンデ2014

にほんブログ村 トラコミュ セントウルステークス2014へ
セントウルステークス2014



今日はセントウルSの1円も要らん人気馬と、京成杯AHの信頼の人気馬を紹介しよう。


マヤノリュウジン

近2走はド派手な勝ち方をしてきているので、ここは1~3番人気になるに違いない。

元々先行脚質だったけど、ワンパンチが足りない競馬が続き
後方から追い込む競馬で覚醒してきた感じ。

今週から阪神競馬場が開幕し、綺麗な馬場で先行有利が想像つく(思い込みは危険だけどね…)

さすがに今回は前目に付けるかも知れないが、
気難しい面があり馬群で競馬をすると思い通りに力を出せない可能性もあるし
追い込みに徹した乗り方でも前に届かずがありえる。

もちろん馬自体に勢いがあるし、例によってあっさりと勝たれるかも知れない…けれど私は1円も買わない。


そして、

京成杯AHの信頼の人気馬は、コチラで確認を⇒ にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ

当ブログの紹介文に記載してます。現在7位前後です。
反映に若干の時間が掛かることがあります。まだ反映されてない場合は、少し時間が経ってから再度アクセスして下さい。


さらに情報が欲しい方は、下記のリンクへアクセスしてみて下さい。
見逃せない情報が手に入るかも知れません。
人気ブログランキングに移動
にほんブログ村 競馬ブログに移動
FC2 ブログランキングに移動


追記

ブログランキング公開馬は、

キングズオブザサン(4着)でした
関連記事

Newer EntryセントウルSの信頼の人気馬

Older Entry信頼の人気馬は確実

Comments



03 05


 
 
 
 
年間回収率
2014年(8~12月)

102%
 
本命激走馬 (2014’ 8月~)
15’セントライト記念◎ジュンツバサ
(10人気3着 複920円)

15’セントウルS◎アクティブミノル
(10人気1着 単4,800円 複1,010円)

15’新潟2歳S◎ウインファビラス
(12人気2着 複930円)

15'鳴尾記念◎マジェスティハーツ
(8人気2着 複640円)

15'日本ダービー◎サトノラーゼン
(5人気2着 複310円)

15'福島牝馬S◎リラヴァティ
(9人気2着 複510円)

15'桜花賞◎クルミナル
(7人気2着 複610円)

15'阪神大賞典◎デニムアンドルビー
(7人気2着 複250円)

15'弥生賞◎タガノエスプレッソ
(10人気3着 複840円)

15'アーリントンC◎ヤングマンパワー
(9人気1着 単3,480円 複690円)

14'有馬記念◎トゥザワールド
(9人気2着 複500円)

14'京阪杯◎サカジロロイヤル
(15人気3着 複1,800円)

14'富士S◎シャイニープリンス
(12人気2着 複760円)

14'毎日王冠◎サンレイレーザー
(11人気2着 複810円)

14'神戸新聞杯◎トーホウジャッカル
(9人気3着 複870円)

14'札幌2歳S◎マイネルシュバリエ
(11人気2着 複860円)
 
 
 
プロフィール

あぽろん

管理人:あぽろん

毎週馬券を買う人の場合、誰もが買うような馬券で
1年間トータルでプラス収支に持っていくのは厳しい。
オレはあえて皆が軽視するような馬から攻めんと勝てんと思っとる。
そうは言っても、穴馬をコンスタントにハメるっちゅうことは簡単やないし
ハズレ続けるリスクもある。
ほとんどの競馬ファンがとにかく当てたいっちゅうのが一番やろ。
そういう人たちのために週中の記事で馬券に絡みそうな馬や
人気馬の死角などを紹介しとる。
ぜひ利用して週末を楽しんでいただきたい。
ちなみに馬はみんな好きやけど、特に思い出深いのが
トーセンクラウン,ビートブラック,コパノリッキー。
今のオレがあるのも、この馬たちのおかげ。

 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。